チョリチョリロンロンの口コミ評価!効果はある?

勃起が長持ちしない原因と精力を高めるための方法を解説します。勃起が長持ちしないと挿入出来ずにセックスレスになったり、中折れなど膣内射精障害の原因にもなります。チン持続力を高めるための方法を見てください。

チョリチョリロンロンの口コミ評価!効果はある? 》 勃起が長持ちしない!血行改善と男性ホルモン増加で対処

勃起が長持ちしない原因と精力を高めるための方法を解説します。勃起が長持ちしないと挿入出来ずにセックスレスになったり、中折れなど膣内射精障害の原因にもなります。チン持続力を高めるための方法を見てください。

勃起が長持ちしないと、前戯では勃起できたのにコンドームを付けている途中で萎えてしまったり、挿入後に射精前に中折れしてしまう原因になりますよね。

何回も続くと心因性のEDになったり、セックスレスにつながってしまうこともあります。

勃起が長持ちしない原因は、血流不足と男性ホルモン不足にあります。

勃起はペニス海綿体に血液が流れこんで充満することで引き起こされます。

ところが、運動不足や年齢による血管の老化によって勃起がしにくくなったり長持ちしなくなってしまうんですね。

喫煙習慣があれば血管収縮作用の影響を受けやすくなり、飲酒習慣があればアルコールによって情報伝達が妨げられるその影響も出やすくなってきます。


また、男性ホルモンが減ると血管の状態を保つ一酸化窒素(NO)が減り、結果としてペニスに血流が充満しにくくなり勃起が長持ちしない原因となります。

男性ホルモンは30代から徐々に減少していくため、加齢によって勃起力が低下してくることと大きく関わってきます。
勃起が長持ちしない原因が血流不足と男性ホルモンの減少にあるなら、対策方法も明らかですよね。

血行を良くすること、男性ホルモン分泌を増やすこと

この2つが勃起の持続力を高める上でカギとなります。


基本はバランスの良い食事を摂り、何かしらの運動習慣を持つことが重要になります。

もし食事から積極的に改善していきたい場合には、オリーブオイルがたくさん使われたイタリアの地中海料理が血行に良いと評判です。

栄養素で言えば、チョリチョリロンロンに配合されている13種類の栄養素を押さえておくと良いでしょう。
 

チン持続力アップにおすすめの栄養素


L-アルギニン・マカ・トンカットアリエキス・冬虫夏草・亜鉛・ナイアシン・ビタミンB6・ビタミンE・パントテン酸・セレン含有酵母・高麗人参エキス末・ノコギリヤシ・シトルリン
勃起が長持ちしない原因としてもしかしたら考えられるのが、普段のオナニー方法に関わる問題です。

オナニーが強すぎたり、巨乳AVや激しいセックスなど刺激が強い映像で短時間でマスタベーションを済ませてしまうと、実際の本番行為の際に勃ちにくい原因となってしまいます。

女性にしてもらう前戯や、膣に擦れる刺激は手で行うオナニーより遥かに刺激が弱いです。

また、特定の姿勢、特に足を伸ばした姿勢でのオナニーを行うと正常位の姿勢などで勃起がもたなくなるので気を付けるようにしてください。

頻度は1-10日の間でしたい!と思った時にすれば良いですが、TENGAなど低刺激のオナホールを使ったり、姿勢は本番と同じ姿勢で妄想だけで行うなど”訓練”も効果的です。

トレーニングを意識を持ってオナニーを行うことも、筋トレや食事の改善と同じで継続することで効果を発揮します。

なかなか面倒くさくて続かないかもしれませんが、そのような場合でもせめてサプリを活用するなど何か対策は行っていくようにしたいですね。

精力サプリの中ではしみけんが開発したチョリチョリロンロンがおすすめです。実際に精力がついて勃起力が上がった唯一のサプリとなっています。